~紅茶のある風景~

茨城県水戸市にある紅茶館

オーナーが毎年主催するイベントに
ティーエキスパートの勉強を兼ねて、
水戸市の国際交流センターに行ってまいりました 

紅茶館のオーナー先崎キヨ子先生
日本紅茶協会のシニアティーインストラクターであり、
マムの「ティーエキスパート養成講座」と「お菓子」の先生です 


今回は「紅茶のある風景」をテーマとして、
ヨーロッパで花開いた紅茶文化を紹介します。

講演には、
花・芸術文化協会理事長の鬼頭郁子先生がお見えになり、
こちらの美味しい紅茶とお菓子を頂きながら、
P3190091.jpg

ヨーロッパのおもてなし文化、おもにマリー・アントアネットの世界を、
お話しして下さいました。

また先生のフラワーアレンジメントのデモストレーションも、
実際に見ることができ大変勉強になりました。

P3190101.jpg   P3190102.jpg


イベント会場では他にも、
「鬼頭先生によるフラワーアレンジメント」を学ぶ時間や、
「プチアフタヌーンティー」が体験出来たり、
「国産紅茶」や沖縄のブクブク茶、富山のバタバタ茶、島根のボテボテ茶など珍しいお茶を試飲することが出来ました。


興味深かったのは・・・
ティーエキスパートの先輩方の
テーブルコーディネートと紅茶の研究発表でした。。。
それぞれテーマを決められテーブルコーディネートをされていました。。。

発表された皆さん!とても素晴らしかったです 

ゆくゆくは・・・マムも先輩方のようにならなければ・・・ 

最後に・・・お茶のぬり絵を楽しんで・・・

P3190117.jpg


とっても有意義で、あっという間に時間が過ぎていきました。


帰りは・・・
有名な偕楽園により、
まだ五分咲きでしたが梅を見ることができました。。。

これから益々きれいな梅が咲くでしょう 
満開の頃も来てみたいですね 







関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。