「東日本大震災」③  ~避難所で~

昨日の震災から一夜明けました。

余震は続いていますが、昨日よりだいぶ弱まったようです。


避難所内で「炊き出しをしよう」ということになりました。
自宅用のカセットコンロを持ち寄って、ご飯を炊いてみようかと・・・。
「子供達に温かいものを食べさせたい」という皆さんの気持ちがそうさせました。

この時電気、ガス、水道は止まっていました。

そういえば、昨日の夕食となったのは家から急いで持ってきたお菓子。

今朝もその残りです。


そうと決まれば、みんなが動き出します。

まずは水。

20分ほど歩いた場所に、給水所があるとの情報を得ることが出来ました。
私を含め大人数名と避難所にいる中学生、高校生も一緒に給水所まで行きました。

水を入れてもらうために用意したものは、ペットボトルや鍋など・・・。
使えるものは何でも良いのです。

給水所に着くと長蛇の列!!だいぶ時間が掛かりそうだ。
とにかく並ばないと水はもらえない。。。


周りを見渡すとコンビニが開いているのを発見しました。

そこも列ができている。。。
どうやら買い物には、時間制限と人数制限をしているらしい。。。

コンビニも地震の被害や、昨夜のうちに品切れになったお店など閉店しているお店が殆ど。
こんな時に営業しているとは有り難いです!

少しでもみんなでお腹を満たすものがあれば・・・という気持ちになりました。

コンビニに並んだ時間は1時間位。お菓子やカップヌードルが買えました。

給水所では2時間半並びました。

避難所に戻ると自然に役割分担がされており、

ご近所の方々の状況を把握しておく者。

炊き出しをする者。

小さい子供が多いので、子供達の面倒をみる者。

それぞれがごく自然な形で動いていました。

こんな時だからこそ、助け合いたい!何か役に立ちたい!皆さんの思いは同じです。


炊き出しをする私。みんながお米、お野菜、お肉を持ち寄りカレーライスを作ることが出来ました。
カレーを食べる子供達の笑顔。。。

笑顔に癒され、元気が出ます!

明日からまた頑張ろうと・・・みんなが思った瞬間でした。














関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。