~祁門紅茶~

先日の紅茶教室で世界の三大紅茶をいただいたマム♪
今日はその中の「祁門紅茶」のお話です 



教室で祁門を飲んだことがきっかけになり、
香港で買って、大事に  大切に保管しておいた祁門を、
自宅で飲むことにしました 

中国を代表する祁門紅茶
中国語の発音から、キーモン、キームン、キーマンと呼ばれています。
キーモン紅茶を作るには、通常の紅茶よりも手間暇がかかるため、
作る農家が年々少なくなっており、幻の紅茶になりつつあります 

こちらは茶葉です 
P6070106.jpg


さて紅茶が入りましたよ~ 
P6070108.jpg


キーモンの特徴と言われる
スモーキーな味で紅茶特有の渋みが少なく、
鼻に抜ける香りがほのかに甘く感じます。。。

紅茶の水色は琥珀色、赤みかかった茶色です 

そしてこの紅茶には、
月餅や桃饅頭などの甘い中国菓子が良く合いますよ~ 

このキーモン!幻となる前に是非試して頂きたい紅茶の1つです 


写真は中国菓子の代わりに、
「ゆべし」をあしらってみました。
※福島の銘菓、かんのやの「ゆべし」 県民に根強い人気です!情報はこちら



関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。